2009年12月19日

なぜか哀愁

爆音で聴く ニューオリンズ R&B。

DANNY WHITE ・ THE LITTLE BITTY THINGS

ポップで なお且つ力強いメロディーラインを軽快に愉快に歌い上げる。

誰でも、素直に踊れるテンポは、音楽を聴くものを差別しないニューオリンズ・ミュージックの優しさが溢れ出ている。

クラブの爆音の中、ステップを踏む。

すると、ポップなメロディーなのに何故か たまらなく哀愁を感じる。

気が付けば、涙を浮かべながら笑顔で踊っている自分がいた。



FRISCO 104 (1963)



posted by DJ DAISUKE at 14:28| New Orleans | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月02日

強烈!

クラブで一度 聴いただけでもう とりこ になった、この曲。

JOHNNY LITTLE JOHN ・ KITTY O

クレジットに AND GUITAR とあるように強烈なギターリフが身体を突き動かす!

さらに強烈なのが、何と言っても声(ボーカル)!

野太い、でクール、その声で
セクシーかつ激しいメロディ・ラインを余裕たっぷりに歌い上げる。

クラブの爆音で浴びると
とりこになってしまう。

「とりこ」になる。それには理由はない。


KITTY_O.jpg
MARGARET 996
posted by DJ DAISUKE at 18:19| Blues | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。